6W3H




  • 「うまく整理できていない気がする・・・」
  • 「考え方(見方)が偏ってないかな?」
  • 「ちゃんと全体を網羅してるだろうか?」



あなたはそんな心配を抱えていませんか?


なぜ“抜け漏れダブり”が起きるのか。
その答え、あなたはご存知ですか。



そうです、適切な“道具”(ツール)を使っていないから。
たったそれだけのことなんです。



直線を引くなら定規が、
円を描くならコンパスがあった方が
綺麗な線が引けますよね。


フリーハンドだと上手く円を描けない人も、
コンパスさえあれば、心配ありません。


そうなんです、“道具”って本当に大事。


情報を整理する。
現状を把握する。
原因を分析する。
対策を立案する。
計画を策定する。
企画を検討する。
何かを伝える。



そういった際、“抜け漏れダブり”をなくすには、
やはり“道具”が欠かせません。


というか、“道具”がないと
偏りが生じて当たり前。


コンパスを使って綺麗な円を描くように、
“抜け漏れダブり”を防ぐには
そういったことを手助けしてくれる“道具”が必須なんです。






それは一般に『フレームワーク』と呼ばれます。

要は情報を整理したり、分析したり、計画を練ったりする際に、
多面的、かつ偏りのない見方・考え方をさせてくれる
『思考の枠組み』のこと。


それらを使うことで、“抜け漏れダブり”が防げるのですから、
つまり仕事の質が向上しますから、使わない手はありません。


そう思いませんか?




あなたもこれまで、仕事の質を高めようと、
さまざまなことに取り組んできたと思います。


思考を巡らし、さまざまな角度から物事を捉え、
“抜け漏れダブり”撲滅に全力をあげたかもしれません。
もしかしたら『フレームワーク』を使っていたかも・・・。


でも、なんとなくしっくりこない。
「よし、これならいける!」という自信が持てない。



そんなもんもんとした状況が続いているのではありませんか?
「なんとかしなきゃ!」ともがいてきたのでは・・・。


もしそうなら、
そんな状況、一刻も早く抜け出したいですよね。




“押さえるべきポイント”を話してくれる人が
周りにいなかったから、ただそれだけ!



『フレームワーク』って難しいのでしょうか?


いえいえ、決してそんなことはありません。
基本的な使い方さえ知ってしまえば、
後は状況に応じ、それらを使い分けるだけ。


さらに言えば、
どのような仕事であっても役立ち、
かつ使い勝手の良いものといったら、
5~6種類に限られます。


ただ、使いこなせるようになるには、
いくつかのポイントがあるんです。



それさえ押させてしまえば、難なく使いこなせるようになるのですが、
残念ながら、そういったポイントは学校では教えてくれません。


職場においても、その辺りをきちんと押さえている人は多くない。
結果として上司や先輩も教えられない。


現にあなたもそうではありませんか?
だからこうしてこのページに辿り着いた・・・。


でも、ご安心ください。
基本さえ知ってしまえば、『フレームワーク』は
誰でも使いこなせる“単なる道具”ですから・・・。



  • 情報を上手く整理できない。

  • 現状を把握するのによく苦労する。

  • 客観的に状況をつかむのが苦手。

  • 物事を網羅的に捉える自信がない

  • 何かを伝える際、抜け漏れがあるんじゃないかと不安になる。

  • メールや報告書、資料の記載漏れを指摘されたことがある。

  • 対策などを検討すると偏りが生じる。

  • バランスのいい計画を立てられない。





もうお気づきと思いますが、
これらは全て『フレームワーク』を使うことで
解決可能です。


『フレームワーク』は過去から時間をかけて磨かれたもの。
現場の知恵が活かされた“思考実践ツール”と言えます。
まさに仕事の濃厚なエキスが凝縮した“道具”なのです。



あなたはその“道具”を手に入れ、
使い方のポイントを把握するのみ。


後は日々の仕事において使い込んでいくだけ。
そうすることで、着実にスキルとして身につくはずです。





“抜け漏れダブり”がないということは、
仕事の質が上がる、ということを意味しますし、
なにより自分の仕事に、自信を持てる。


やっぱり自信を持って、
仕事をしたいですよね?



「現状をなんとかしたい!」と思っている時というのは、
人の能力が最も高まるタイミング。


あなたは今まさにその渦中ではありませんか?
「『フレームワーク』か、気になるな、でもどうしよう?」
そう考えているのではありませんか?


それなら、この時を逃してはもったいない!




あなたには、何一つリスクを求めません。
でも、もしかしたらこう思っているかもしれません。


「なんとなく分かってきたけど、僕(私)には難しいかも」って。
「自信ないな・・・」って。





しかも返金の際、諸々の条件をつけるなどということはいたしません。
商品に絶対的自信を持っていますから・・・。


「僕(私)には合わなかったらいやだな。不安だな!」
という方のために設けた返金制度。
もし商品がイメージと違うなどありましたら、遠慮なく返金を申請してください。


思い立ったが吉日、
購入後一年経っても全額返金保証付きですから、
まずは試してみませんか。





せっかく「やってみるか!」と決心したなら、
必ずじっくり取り組んでください。



本で時々あると思うのですが、
購入したことで安心してしまい、
そのまま本棚のこやしにしてしまうというケース。


それだけは絶対におやめくださいね。
これ、マジにお願いします。








『フレームワーク』を使えるようになると、どんなメリットがありますか?

『フレームワーク』の最大の特徴は、“重複なく、漏れなく”。
物事を考える、情報を伝達する(話す・書く)などに際し、網羅的となります。
ですから、仕事の質が高まるのが最大のメリットと言えましょう。



『フレームワーク』は、仕事のどんな場面で役立ちますか?

考える/話す/書くなどの際、“抜け漏れダブり”があっては信用されません。
あらゆる場面で役立つ道具、それが『フレームワーク』なのです。



教材を使えば、すぐに『フレームワーク』使いこなせるようになりますか?

教材内では、日常業務を想定し、その使い方を具体的に説明します。
後はあなたのビジネスにおいて活用するのみ。
「教材を見る(聞く)→実践する→更に復習→再び実践」のサイクルを繰り返す
ことで、『フレームワーク』活用力が着実に上達していくと思います。



「後から追加費用が発生する」っていうことはありませんか?

本教材は6つの『フレームワーク』を使いこなせるようになることを
目的としています。そこで、その関連情報は一通り網羅しました。
したがって、『フレームワーク』に関し、追加費用が発生することはありません。



この教材を購入すると、自宅にDVDや資料が送られてくるんですか?

本教材は、ご成約後にお届けするURLから音声をダウンロードしていただく
仕組みとなっています。
資料につきましては、PDF形式(注)のものをダウンロードしていただきます。
そちらをご覧ください(印刷可)。
(注)PDFは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の登録商標です。



インターネット経由で教材を購入したことがないんですが、きちんと届きますか?

教材は、特定商取引法に基づき、販売しているものです。
詐欺まがいのような行為は一切ありませんのでご安心ください。
※「特定商取引法に基づく表示」につきましては、こちらをご覧ください。



注文してから教材が届くまで、どれくらいの時間がかかりますか?

クレジットカード払い、BitCash、ちょコムeマネーにつきましては、即日処理され
間もなく電子メールにてダウンロード用URLをお届けいたします。
尚、銀行振込・郵便振替 コンビニ決済につきましては、
決済完了後に電子メールにてダウンロード用URLをお届けいたします。



どのような形で支払うのですか?

銀行振込・各種コンビニ決済・郵便振り込み・Bit Cash
クレジットカード (前払い)・ちょコムeマネーでお支払いいただけます。



サポートはありますか?

現在、個別サポートに関しましては、有償無償にかかわらず提供しておりません。
しかしながら、状況によりましては、対応を検討させていただきたく思います。
ご購入後に生じるなんらかの「困った!」につきましては、購入された方に
お届けする『購入者通信』記載の事務局メールアドレスにお問い合わせ願います。



思っていたものと違っていたら、本当に返金してくれますか。
色々な条件をつけられることはないですか?

返金希望の理由(「思っていた内容と違っていた」など)のみ、
お知らせいただきますが、基本的に制約は一切ありません。ご安心ください。



1965年、横浜にて出生、その後同地にて育つ。
1988年、都内私立大学・法学部卒業、同年大手電機メーカー入社。
これまで四半世紀にグループ企業内外の4社10部門に従事。

営業職13年の他、経営幹部サポート、中期計画検討、海外事業再構築、
子会社計数管理システム企画構築、CS(顧客満足)改善活動推進等の
全社レベルの取り組みから、面接官含む人事担当、部門管理運営の総務職まで、
多岐に渡るキャリアを積む。

一方、社内セールス資格1級合格をきっかけに小売商販売士1級取得、
中小企業診断士にもチャレンジ。

同期600人超の中、トップクラスの課長昇格実現。
その後、各部門にてマネジメント職経験。

2000年より異業種交流会主宰、若手ビジネスマン向けブログもスタートし、
活動の場を広げつつある。



「見方が偏ってないか?」
「切り口が悪いね」
「これじゃダメだな!」


若かりし頃、諸先輩方にしょっちゅうそんなコメントをもらっていました。

自分なりに色々考えてやったのに・・・。
当時は、いつもそんな思いを抱き、
悔しさをかみしめたのを覚えています。


でも、その意味が今ははっきり分かります。
なぜって、『フレームワーク』なんていうものを
全く使っていませんでしたから。



というか、
当時は『フレームワーク』なんていうものの存在を
知りませんでした・・・。


いや、それは正確ではありません。
『フレームワーク』という言葉は知りませんでしたが、
例えば“5W1H”などの初歩的な枠組みは知っていました。


でも、その活かし方を知らなかった。
知ればこれほど便利なものはないのに。



世の中には、知っているかどうかだけで
結果に大きく影響するものがいくつもあります。
『フレームワーク』もその一つと言えましょう。



もしあなたが、私と同じような思いをしているなら、
それは大きく羽ばたくチャンス。


さあ、一歩踏み出しませんか?
『フレームワーク』の世界へ、
仕事の品質向上へ・・・。


あなたの飛躍を心から願っています。








Copyright (C) 2014 自立型ビジネスマン育成塾 All Rights Reserved.      特定商取引法に基づく表示